英会話教室選び

英会話教室選びTOP 英会話教室の選び方 資格・検定 英会話教室のトラブル 子供英会話教室 MAIL

自分に合った英会話教室を選ぶポイント

自分の通いたい教室のタイプがわかったら、次は英会話教室のポイントです。授業形態や講師・時間などポイントは沢山ありますので、無理のない自分に合った英会話教室を探しましょう。

スクールの授業の形で選ぶ

英会話スクールにも色々あるので、どうやって英会話スクールを選べばいいか迷います。授業の形としては、同じ曜日の同じ時間にある『固定制』と、好きな日に予約を入れて通える『予約制(フリータイム)』があります。
忙しくて急な出張など予定が変わりがちなサラリーマンの方は『予約制』を選ぶと便利ではないでしょうか。『固定制』の場合は、都合の悪い時のためにレッスンの『振替』があります。休んだ時に他の日に変更する事ができる救済制度です。
また、どの英会話スクールでも先生と1対1で学べる『プライベートレッスン』は予約制がほとんどです。

 

先生で選ぶ

英会話教室を先生を基準として選ぶ方法もあります。
英会話スクールの担任の先生にも3パターンあります。
まずは、同じ先生が同じ生徒を指導してくれる『担任制』。個人的に生徒と仲良くなれるし細かいフォローもして頂けるのがメリットです。次は生徒がレッスンの度に先生を指名できる『選択制』。最初は相性のいい同じ先生を選び慣れて来たら違う先生にする事も出来ます。最後は毎回スクールで先生の振り分けが適当にできる『ランダム制』。誰が担当になるかは分かりませんが、誰とでも話す訓練にはなります。

あなたには、どんな先生のどんな教授法が理解しやすいと感じられますか?

授業形態で選ぶ

英会話スクールを選ぶときに、どんな形態のレッスンがあるかをっておいた方がいいでしょう。
英会話スクールのレッスンの形態は生徒の人数によって二つに分けられます。

『グループレッスン』は複数の生徒で受けます。発言回数は少なくなりますし、レッスンの内容も決められているので自分が聞きたい英語は聞けないかもしれません。しかし1回のレッスンは安いので他の人の発音などが聞け勉強にはなります。

『マンツーマンレッスン』は先生と1対1なので時間がたくさんあるので自分の為にレッスンの内容をアレンジできます。しかし1回のレッスンはグループレッスンより割高です。
あなたなら、どちらの形態の英会話教室を選びますか?

解約時の条件

英会話スクール選びをするのに解約の時の事も頭に入れておきましょう。
解約の際考えていたよりも損してしまう場合があるので注意が必要です。
スクールのルールによっては消化したレッスンの単価を契約した時の単価よりも高く計算されてしまい、戻ってくる金額がかなり少なくなってし解約の条件まう事があります。
念の為、見学をした時にも確認すると良いとおもいます。今はほとんど解約に応じてくれますし、受講できなかったレッスン分は返金されます。
英会話教室を選ぶ際には、入会条件だけでなく解約条件も調べておくことをおすすめします。

見学しておく

英会話スクールが同じでも場所が違うと雰囲気が違うのはもちろん、システムが違う事もあるそうです。
例をあげると『NOVA』は地方と東京では定員が違い、関西の『ECC』には一年通いたい放題の英会話コースもあるそうです。

英会話スクール選びをするには自分が通いたい時間帯に見学に行ってみると、その英会話スクールの生徒の年齢層や目的がわかって、英会話スクールに実際に通い始めてもすんなり溶け込んでいけるのではないでしょうか?
たとえば学生ばかりのクラスに年配の方が溶け込むのは難しいですので、事前に見学や、できるのであれば無料体験などで、その英会話スクールの実際に自分が選んだ時間帯の雰囲気などをつかんでおいたほうが、英会話スクール選びの間違いが少なくなります。

英会話スクールに入校したあとで後悔しないよう、事前に確認しておきましょう。

料金から選ぶ時のポイントへ

 

 
   
 
Copyright 2008 . All rights reserved