英会話教室選び

英会話教室選びTOP 英会話教室の選び方 資格・検定 英会話教室のトラブル 子供英会話教室 MAIL

英会話教室でのトラブル

 外国語による会話ができることを目的とする学校(英会話学校)を運営している業者は、東京都内だけでも1500社以上あると言われています。英会話学校を取り締まる法律や条例は今の所なく、簡単に教室を開くことができるために事業者が急増した結果なのです。その大部分は普通にまじめに営業している業者ですが、中にはトラブルの絶えない英会話業者もいるのも事実です。
某大手英会話学校も多額の前金を支払わせたにもかかわらず、解約に応じないトラブルがありました。
大手でさえもトラブルのある英会話学校ですが、主な手口は以下のような感じになります。

英会話教室でのトラブル

 

スタッフ引継ぎのトラブル

英会話教室に入会して、英語学習を行っていくうえで、気をつけたいことの中の1つ「スタッフ引継ぎのトラブル」を以下に挙げてみました。 講師が旅行者や留学生の場合、僅か数ヶ月で異動・退職してしまうことも珍しくありません、さらに手続きを行なう日本人スタッフでさえ頻繁な人事異動があるために、引継ぎが充分にされていなかった場合、それに伴うトラブルが発生することもあります。

 

講師の能力不足

「講師の能力不足」もトラブルになりかねない原因の1つです。ほとんどの講師陣は、全員が語学教育の専門家と言う訳ではなくて、むしろその大半は幾ばくかの講師教育を受けた程度です。極端な場合には「来日してから数日・数週間」といったまったくの素人であるケースもあるんです。

 

表現方法の違い、訛り

同じ英語圏でもアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど国による表現の違いがあるだけでなく、訛りのある講師がいる場合もあります。 良心的なところでは講師の訛りを改善してから受講生の相手をさせますが、中には訛りがあることを知りながら平気で受講生の対応をさせるケースも見られます。

Favorite

美容師さん御用達のシザー
http://www.cutwig.jp/

英会話教室選びTOPへ戻る

 

 
   
 
Copyright 2008 . All rights reserved